お知らせ

オークランド大学(ニュージーランド)留学説明会をします

ニュージーランドの協定大学であるオークランド大学(The University of Auckland)から担当者が来日し、オークランド大学留学説明会を開催します。
留学説明会ではオークランド大学の説明とともに現地サポート機関のOKCオセアニア交流センターの方のお話を聞けます。
ニュージーランドへの留学に興味のある学生は奮ってご参加ください。

☆日時: 2017年4月10日(月) 13:00~14:00
☆場所: ユージニア館2階 イマージョンスペース
☆申込: 2017年4月10日(月)11:00までに国際教育課へ申し出てください。

-------The University of Auckland(オークランド大学)-------
オークランドは活気あるモダンな街並みの、港から発達した国際都市です。
英語コースのあるELA(English Language Academiy)はダウンタウンの中心部にあり、
国際都市の空気を肌で感じながら学べる環境は、グローバルな世界で活躍するヒントにあふれています。

詳しくはオークランド大学のサイトへ: https://www.auckland.ac.nz
----------------------------------

留学説明会については
京都ノートルダム女子大学 国際教育課へお問い合わせください。
kokusai@notredame.ac.jp

2017.4.10s%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A_1.pdf 
  


2017年度海外研修説明会を実施します

2017年度海外研修の説明会を下記の通り実施します。
興味のある学生は下記のうちいずれかの説明会に必ず参加してください。


【日程】
1回目 2017年4月11日(火)16:35~17:30
2回目 2017年4月13日(木)16:35~17:30

【場所】
E404(ユージニア館4階)
場所は変更する場合がありますので、国際教育課掲示板で確認してください。

【開講予定研修】計7研修
①オーストラリア英語研修
②イギリス英語研修
③イタリア食文化研修
④韓国語研修
⑤海外インターンシップ研修A(ニュージーランド)
⑥海外インターンシップ研修B(オーストラリア)
⑦海外インターンシップ研修C(アメリカ)
2017s%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCs%E7%B8%A6_3.pdf    


留学生サポーターを募集します。

4月に入学する外国人留学生が到着後、本学での学習や生活をスムーズに始めることができるように、新入留学生を手助けする「留学生サポーター」になりませんか?
募集要項と申込書は国際教育課に取りにきてください。

・日程と募集人員
 1) 2017年3月28日(火) 午後の4時間程度: 2名
 2) 2017年3月29日(水) 午前から午後の6時間程度: 2名
 3) 2017年3月30日(木) 午後2時から3時間程度: 8名
 4) 2017年3月31日(金) 午前から昼休みの3時間程度: 3名

・業務内容
 1) 到着時の入居サポート・松ヶ崎周辺案内
 2) 生活に必要な諸手続きの補助
 3) オリエンテーション時の補助、学内案内 など

・応募方法
 国際教育課に所定の申込書を提出してください。
 申込期限:2月3日(金) 17:00
 (お問合せ・申込先: 国際教育課)2017%E5%B9%B44%E6%9C%88%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCs-s%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.pdf (PDF:留学生サポーター募集ポスター)

  


外国人留学生のための日帰りツアーを実施しました

2016年11月19日(土)、本学同窓会主催の外国人留学生のための日帰りツアーが実施され16名が参加しました。今年度は宝塚歌劇団花組による花鳥風月をテーマに日本の四季と伝説を美しく描がいた舞踊絵巻を鑑賞しました。留学生は、宝塚歌劇団の美しい歌声、しなやかな舞踊、華やかな衣装に感動し、同窓会の方々と宝塚歌劇の素晴らしさについて語り合い、交流を深める良い機会となりました。



  


海外からノートルダム教育修道女会のシスター方が来学されました

アメリカ・カナダ・ガンビアからノートルダムのシスター方7名が来訪されました

2016年10月17日、アメリカ、カナダ、アフリカのガンビアからノートルダム教育修道女会(SSND)のシスター計7名が本学を訪問されました。各国で小中高の学校や病院で奉職されているシスター方で、SSNDカルチャーグラムの一環として来日されました。当日は、片山副学長を表敬訪問されたのち、本学の学生の案内のもと、心理臨床センターや新ユージニア館を見学され、授業参観や本学の学生との交流を行いました。




2016年度シスター英語コミュニケーションプログラムが開催されました

2016年10月11日~10月24日まで、アメリカのノートルダム教育修道女会からシスターメリージョーとシスターキャサリンの2名のシスターが来日され、約2週間にわたり、英語英文学科の授業の指導補助に当たられたほか、全学の学生を対象にイマジョンスペースで毎日2セッションの英会話クラスを指導されました。シスター英語の受講生は延150名に上り、英語での自己紹介の仕方、日本の文化や習慣を英語で伝える方法、自分の意見を英語で述べる方法、京都や自分の故郷のことを英語で説明する方法等、実践的な英会話を学びました。受講した学生からは、「英語で話すことに最初は戸惑いましたが、だんだん慣れて人前で話すことができるようになり、参加してよかったです。」「最初は緊張しましたが、自己紹介の方法が学べてよかったです。」等、とてもよい経験になり自信がついたとの感想が多く聞かれました。




  


2016年度夏期海外研修が実施されました。

2016年度夏期海外研修として、3研修が実施されました。それぞれの研修に参加した学生は有意義な時間を過ごすことができました。

1) 韓国語海外研修
2016年8月7日(日)から8月20日(土)までの14日間にわたり、韓国・ソウル近郊の富川(プチョン)市に位置する韓国カトリック大学において実施された海外研修に4名(人間文化学科1名、生活福祉文化学科2名、心理学科1名)が参加し、無事に帰国しました。研修中は、大学寮に滞在し、同大学韓国語教育センターで各自のレベルに応じた韓国語の集中授業を受けました。授業では、韓国の文化や生活様式も学び、また、徳寿宮への見学研修では、韓国の歴史を学ぶことができました。




2) 英語海外研修Ⅲ(カナダ)
2016年8月7日(日)から8月28日(日)までの22日間にわたり、カナダ・サスカチュアン州の州都レジャイナ市にあるレジャイナ大学において実施された海外研修では、英語英文学科 大川淳講師引率のもと計13名(英語英文学科12名、生活福祉文化学科1名)の学生が参加し、無事に帰国しました。参加者は、授業やホームステイを通して、英語力を向上させただけでなく、カナダの人々との交流を通して、カナダの文化や習慣等についても学びました。



3) 社会福祉海外研修(デンマーク)

2016年9月6日(火)から9月16日(金)までの11日間、デンマーク・ボーゲンセにあるノーフュンス・ホイスコーレ(国民学校)にて社会福祉海外研修が実施されました。生活福祉文化学部の酒井久美子准教授の指導と引率のもと、参加者計7名(英語英文学科2名人間文化学科1名、生活福祉文化学科4名)は、ノーフュンス・ホイスコーレの学生寮に滞在し、現地の幼稚園や小学校、高齢者センター、知的障害者グループホームの見学、家庭医への訪問等を通して、デンマークの福祉、教育、医療について学びました。



  


ASEACCU国際学生会議(オーストラリア)に参加しました

2016年8月22日から8月28日まで、京都ノートルダム女子大学が加盟する東南・東アジアカトリック大学連盟(ASEACCU)国際学生会議が、オーストラリア北西部ブルームにあるオーストラリア・ノートルダム大学ブルームキャンパスで開催され、本学英語英文学科グローバル英語コース3年次生の2名が本学を代表して参加しました。

今回の会議のテーマは「私たちの共通の家(地球)における先住民族の文化と伝統の大切さ」で、アジア各国の大学から集まった大学生が先住民族の講演や先住民族に関する研究発表を聞き意見交換をしました。

また、先住民族(アボリジニ)が最も多く暮す地域の小学校を訪問し、先住民族の生徒たちに日本語を教え、日本語の本を読み聞かせる等の交流活動も行いました。

ブルームは、かつて日本人が真珠を養殖していた地でもあります。参加した本学の学生は、日本との深い関係性についても学ぶとともに、先住民族とオーストラリアの人々がお互いに支え合って暮す様子に直接触れ、教会でのミサにも参加して現地の人々と関わることにより、新鮮な感動を得て帰国しました。

                     ASEACCU at University of Notre Dame Australia

                               at Beagle Bay, Australia

ASEACCU国際学生会議(オーストラリア)に関する報告会を2016年10月30日(日)に開催されるND祭の中で下記のとおり実施します。

●日時: 2016年10月30日(日)13:00~14:00
●場所: 京都ノートルダム女子大学図書館1階 グループワークスペース

問合せ:京都ノートルダム女子大学 国際教育課 075-706-3746   


2016年度海外危機管理セミナーが開催されました

2016年8月1日(水)、京都ノートルダム女子大学では、海外留学や海外研修で渡航する学生を対象とした海外危機管理セミナーと、本学の教職員を対象とした緊急時における海外危機管理セミナーを、ジェイアイ傷害火災保険株式会社の協力を得て開催しました。

本学では、海外へ派遣する学生に対して、渡航前オリエンテーションをはじめ留学生が自らを守るための海外危機管理セミナーを毎年開催して注意喚起を行っています。本年度の派遣学生を対象としたセミナーでは、65名以上の学生が出席し、海外での治安や安全性に対するリスクについて具体的な事例をもとに、どのようなことに注意すればよいかについて学びました。

また、教職員を対象としたセミナーでは、海外危機管理マニュアルをもとに、海外における事故発生時に求められる全学的な初動体制のケーススタディを組み込み、緊急時における危機管理体制と対応方法について確認しました。 (国際教育課)


                                                                        
海外危機管理セミナー(学生対象)
海外危機k管理セミナー(教職員対象)

  


IELTS対策講座を実施しました(全6回)

6月16日から7月21日までの毎週木曜日に、IELTS対策講座を実施しました(全6回)。昨年度の実施よりも2倍近く多い、22
名の受講生がおり、非常にIELTSへの関心の高まりを感じました。毎回出される課題にも全員がしっかりと取り組んでおり、素晴らしかったです。

学生の感想としては、「IELTSを聞いたことはあったのですが、どのようなテストかはあまりよく分かっていなかったので、6回の講座で内容を知ることができて良かったです。具体的な日程は決まっていませんが、IELTSの試験は在学中に受ける予定なので、今回の講座で学んだことをこれからも勉強していきます」や、「難しかったけれど、一度はIELTSを受験してみたいと思いました。今回の講座で、苦手なWritingの書き方や普段なかなか教えてもらえないことを勉強できたのでよかったです」など非常に勉強になったとともに、今後の学習法についても確認できたようです。今後もIELTSに限らず継続して学習していってほしいですね。

IELTSに関しては、こちらから


  


リーズ大学(イギリス)留学説明会を開催しました!

2016年7月12日(火)、イギリスのリーズ大学(University of Leeds)から担当者が来学し、英語でリーズの街の魅力やリーズ大学で学ぶことができる科目や授業方法、様々なタイプの寮について詳しく説明をして頂きました。
参加者からは「リーズは学生が過ごしやすい街で、各国からの留学生と交流するチャンスが多いのでぜひ留学したい」、「少人数制で学生主体の授業方法がとても良い」といった声が挙がりました。
また、今年の10月からリーズ大学へ留学する2名の学生も参加し、より留学へのモチベーションを高くしていました。

~~~~~~~University of Leeds(リーズ大学)~~~~~~~

イギリス中部に位置する歴史ある国立大学で、イギリスの学生にも人気の高い大学です。リーズの街の中心地から徒歩10分の便利な場所にあり、学生寮に滞在しながら、Academic English またはGeneral English等のコースを受講します。京都ノートルダム女子大学では、グローバル英語コース留学をはじめ、セメスター認定留学制度により、全学の学生に留学の機会を提供しています。

詳しくはリーズ大学のサイトへ: http://www.leeds.ac.uk
リーズ大学日本語サイト:http://www.leeds.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 

 
  


< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事

外国人留学生入学試験資料請求

外国人留学生入学試験資料請求

  • 募集要項
  • 申込書

国際教育課

国際交流の基本方針